新宮城跡の「御城印」発行始まる 観光協会が魅力PR、和歌山

新宮城跡の「御城印」

 和歌山県新宮市の観光協会は13日、新宮城跡(国指定史跡)の「御城印」の発行を始めた。築城した水野家が新宮を領地としてから400年を迎えたことから企画した。1枚300円で、観光協会か城跡近くの阿須賀神社で購入できる。

 御城印は登城の記念スタンプとして人気が高まっている。観光協会の森本祐司専務理事(62)は「精緻な石垣が新宮城跡の魅力。多くの人に訪れてほしい」と話す。

 観光協会によると、御城印の発行は和歌山県内では初めてという。はがき大の紙に、築城を始めた浅野家と引き継いだ水野家の家紋が入っている。

 問い合わせは観光協会、電話0735(22)2840。


  • LINEで送る