環境産業105兆円規模 17年、車と建築が押し上げ

  • LINEで送る

 環境省は27日、2017年の環境産業の国内市場は105兆4千億円とする推計を発表した。00年の1・8倍で、過去最高を更新した。エコカーや省エネ建築は補助金や減税などによる政府の後押しで大きく伸びる傾向が続き、全体を押し上げている。

 環境産業のうち増加が著しいのは、温暖化対策(36兆円)で00年の9倍となった。内訳は断熱性の高い住宅やビルの建築、LED照明への切り替えなど「省エネルギー関連」16兆円、ハイブリッド車といったエコカーなど「車の低燃費化」13兆円などとなっている。