職員の無断録音、松井市長が反論 「言論の自由に制約かけてない」

  • LINEで送る

取材に応じる松井一郎大阪市長=26日午後、大阪市役所

 大阪府・大阪市の副首都推進局職員が記者と議員との会話を無断録音した問題で、新聞労連が中止を求める抗議声明を出したことに関し、松井一郎大阪市長は26日、「市の施策を実行する上で、オープンなスペースでの公人の発言を情報収集すると言っているだけだ。言論の自由に何ら制約をかけていない」と反論した。市役所で記者団の質問に答えた。

 庁舎の廊下で記者が議員に取材する時の録音は問題がないとの認識を重ねて示し「情報収集は当然の行為だ。(取材は)自由にやってもらっていいけど、聞かれたら困る話は聞かれないところでやればいい」と述べた。