北朝鮮非核化の重要性確認 日米防衛トップが電話会談

  • LINEで送る

 岩屋毅防衛相は25日、米国防長官代行に就任したエスパー氏と電話会談した。北朝鮮の完全非核化に向け、国連安全保障理事会の制裁決議を完全履行することが重要だとの認識で一致。日米同盟の深化や「自由で開かれたインド太平洋」の実現のため、協力を進める方針を確認した。

 両氏は、ホルムズ海峡付近で起きたタンカー攻撃を含む中東情勢について意見交換。岩屋氏は米国とイランによる軍事衝突の懸念が強まる中、緊張緩和を図る必要があるとの考えを伝達した。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古移設を着実に進める方針を再確認した。