黒星から一夜明けて調整 サッカーなでしこジャパン

  • LINEで送る

軽めの調整をする(右から)阪口、長谷川ら=カンヌ近郊(共同)

 【カンヌ(フランス)共同】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会で1次リーグD組を2位で通過した日本代表「なでしこジャパン」は0―2で敗れたイングランド戦から一夜明けた20日、カンヌ近郊で前夜の先発メンバーを除いた12人が約1時間半、ミニゲームなどで調整した。

 左太もも裏負傷の影響でまだ出場がない籾木(日テレ)は全ての練習をこなし「一つのプレー、一つのシュートで勝利に導けるように準備したい」と意気込んだ。

 日本は25日(日本時間26日)にレンヌで行われる決勝トーナメント1回戦でカナダかオランダと顔を合わせる。