4階級制覇の井岡「ほっとした」 王座決定戦から一夜明け

  • LINEで送る

4階級制覇を果たした試合から一夜明け、笑顔で記者の質問に答える井岡一翔=20日、東京都内

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王座決定戦を制し、日本男子初の4階級制覇を果たした井岡一翔(Reason大貴)が勝利から一夜明けた20日、東京都内で記者会見し「無事にベルトを取れて、ほっとしている。勝つことしか考えていなかったが、結果を残せて良かった」と笑みを見せた。

 ほとんど傷のない顔で会見した井岡はTKOで飾った快勝を「自分が思い描いていたプランと近い形で進められた」と満足そうに振り返った。今後の展望として世界ボクシング評議会(WBC)同級王者のフアンフランシスコ・エストラダ(メキシコ)との統一戦などを挙げた。