首相、衆院解散「ない」 党首討論

  • LINEで送る

党首討論で答弁する安倍首相=19日午後、国会

 安倍晋三首相は19日の党首討論で、衆院解散について「頭の片隅にない」と明言した。日本維新の会の片山虎之助共同代表の質問に答えた。老後に夫婦で2千万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会の報告書について「大きな誤解が生じた。違和感を感じた人もいる」と述べた。

 立憲民主党の枝野幸男代表、国民民主党の玉木雄一郎代表、共産党の志位和夫委員長は衆院解散について質問しなかった。

 枝野氏は老後資金問題について「安心ばかりを強調して実態と向き合わない姿勢がある」と政府の姿勢を批判した。