ホッケー女子、日本はB組3位 8カ国国際大会

  • LINEで送る

メキシコ戦でゴールを決め、喜ぶ田中泉(左から3人目)ら=広島広域公園第二球技場

 ホッケーのFIHシリーズ・ファイナル女子8カ国国際大会第3日は18日、広島市の広島広域公園第二球技場で1次リーグ最終戦が行われ、B組で世界ランキング14位の日本は同29位のメキシコに6―0で大勝した。通算2勝1敗の勝ち点6でロシア、チリと並び、得失点差で日本は同組3位となった。準決勝進出を懸けた20日のプレーオフでA組2位のポーランドと対戦する。

 日本は開始早々に永井友(ソニー)の得点で先制。山下(コカ・コーラ)の2得点などで前半の2クオーターを4―0で折り返した。その後も田中泉(コカ・コーラ)らがPCでゴールを重ねた。