日本電産、将来の社名変更も ブランド名「ニデック」に

  • LINEで送る

 日本電産の永守重信会長は18日の定時株主総会で「海外に通用する企業名に変えなければいけない。時期が来たら判断したい」と述べ、将来的に英文の商号にも使う「Nidec(ニデック)」へと社名を変更する可能性を示した。国内外で事業展開する際のブランド名で、一部の海外現地法人名に用いている。海外事業の強化を視野に知名度の向上を目指す。

 永守会長は、2019年3月期に1兆5183億円を記録した連結売上高に関し、24年3月期に4兆円に引き上げる目標を示した。「4兆円規模の売り上げを達成するか、一般消費者向けに完成品の販売を始める場合に社名の変更を考える」と話した。