G20会合、プラごみ削減で合意 初の国際枠組み構築

  • LINEで送る

閉幕したG20エネルギー・環境相会合=16日午後、長野県軽井沢町

 長野県軽井沢町で開かれた20カ国・地域(G20)エネルギー・環境相会合は16日、焦点の海のプラスチックごみ対策を巡り新たな国際枠組みの構築に合意し閉幕した。プラごみの削減に向けて各国が自主的に取り組み、内容を定期的に報告して効果的な方策を共有することで海の汚染低減を図る。海のプラごみ対策に特化した国際的な枠組みづくりは初めて。削減の数値目標などは合意に盛り込まれず、実効性の確保が課題になる。

 G20各国は、開幕直前に発生したホルムズ海峡付近のタンカー攻撃を念頭に、エネルギー安全保障の重要性の認識でも一致した。