貴景勝「7月にいい成績を」 大関昇進披露に約2千人

  • LINEで送る

昇進披露宴で横綱白鵬(右端)、鶴竜(右から3人目)らと鏡開きをする大関貴景勝(同2人目)=16日午後、東京都港区

 大相撲の大関貴景勝の昇進披露宴が16日、東京都内のホテルで開かれ、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)や白鵬、鶴竜の両横綱ら約2千人が出席した。

 22歳の貴景勝は新大関で臨んだ夏場所で右膝を負傷。途中休場後に一度は再出場したが、大関以上では極めて異例の再休場で負け越した。初のかど番となる名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)の出場は不透明ながら、壇上では「大関とは何かを考え直し、勉強して、7月にいい成績を残したい」と抱負。さらに「強くなるしかない。感謝をして、一生懸命取り組んでいく」と決意を新たにした。