サッカー大迫選手に地元が栄誉賞 鹿児島・南さつま市

  • LINEで送る

スタジアムの看板の土台にあしらわれた大迫勇也選手が寄せたメッセージ=16日、鹿児島県南さつま市

 鹿児島県南さつま市は16日、サッカー日本代表FWとして昨年のワールドカップ(W杯)ロシア大会で活躍した同市出身の大迫勇也選手(29)に、市民栄誉賞を贈った。

 活動拠点のドイツから帰国中の大迫選手は、授与式で「賞は励みになる。今後も結果を残して地元にいいニュースを届けたい」と決意を新たにした。今月上旬に愛知、宮城両県で行われた日本代表の国際親善試合で履いたスパイクを、市に寄贈した。

 副賞は、式の会場となった加世田運動公園陸上競技場の命名権。5年間使う新名称「OSAKO YUYA stadium」を記した看板がお披露目となった。