読売テレビ番組をBPO審議へ 性別の不適切取材で

  • LINEで送る

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は14日、性別を巡る不適切な取材が問題となった読売テレビ(大阪市)の報道番組「かんさい情報ネットten.」について審議入りすると決めた。

 読売テレビの番組は5月10日放送の企画コーナーで、お笑い芸人が飲食店の常連客の性別を明らかにしようと体を触ったり、保険証の性別欄を確認したりした。インターネット上などで非難する声が上がり、同社は「人権への配慮を著しく欠いた」と謝罪、再発防止策を発表した。

 同委員会は「放送局内部と視聴者との意識に大きな差があった」と指摘した。