防衛相、イージス調査ミス謝罪へ 17日に秋田訪問

  • LINEで送る

「イージス・アショア」配備計画を巡り、陸上自衛隊新屋演習場前で東北防衛局の幹部(左端)から説明を受ける立憲民主党の辻元清美国対委員長(右端)ら=14日午後、秋田市

 岩屋毅防衛相は17日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画を巡り、候補地の陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)を抱える秋田県を訪問する。防衛省が14日発表した。佐竹敬久知事や秋田市の穂積志市長と個別に会談し、同演習場を「適地」とした調査に誤りが見つかった問題などで謝罪する。

 配備計画を巡り、防衛省が秋田市で8日に住民説明会を開いた際、同省職員が居眠りしていたことにも地元から批判が出ている。岩屋氏の訪問が信頼回復につながるかどうかは見通せない。

 一方、立憲民主や国民民主、共産など野党3党の国対委員長らが14日、新屋演習場を視察した。