ウーバー、日本に自動運転技術を 開発責任者が普及に意欲

取材に応じる米ウーバー・テクノロジーズのメイホーファー氏=12日、ワシントン(共同)

 【ワシントン共同】米配車大手ウーバー・テクノロジーズは12日、トヨタ自動車などと共同開発している自動運転技術を日本で普及させることに意欲を示した。自動運転技術の開発責任者を務めるエリック・メイホーファー氏が共同通信などの取材に答えた。

 メイホーファー氏は、ウーバーと提携するトヨタやデンソー、ソフトバンクグループが「日本市場に力を入れている」と強調。トヨタなどと「自動運転技術を日本市場に投入する最善の方法を考えている」と語った。

 共同開発している技術は、自家用車を使って有料で客を運ぶ「ライドシェア」向けだが、日本では「白タク」として原則禁止されている。


  • LINEで送る