星稜高校の林監督が指導再開 選抜でサイン盗みを疑い抗議

  • LINEで送る

 高校野球の強豪、星稜(石川)は5日、指導を禁止していた林和成監督(43)の懲戒処分を解除すると発表した。

 林監督は今春の選抜大会2回戦、習志野(千葉)に敗れた一戦で相手のサイン盗みを疑い、試合後に異例の抗議をした。その後も学校の許可なく週刊誌の取材を受けた。星稜は4月、一連の言動と行動を問題視し、6月4日まで指導を禁止する懲戒処分を科した。

 星稜は甲子園大会に春夏通じて32度出場した実績を持つ。今月4日まで富山県内で開催された春季北信越大会では、山下智将部長(37)が監督を務め、4連覇を達成した。