元東映常務の坂上順氏死去 「ゴルゴ13」をプロデュース

  • LINEで送る

 坂上 順氏(さかがみ・すなお=映画プロデューサー、元東映常務)18日午前1時8分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去、79歳。旧満州(中国東北部)生まれ。葬儀・告別式は既に行った。喪主は弟の直(ただし)氏。

 62年東映入社。73年プロデューサーとして映画「ゴルゴ13」を担当。「野性の証明」「動乱」など高倉健氏主演の映画作品に数多く携わった。20日死去した降旗康男監督の「鉄道員(ぽっぽや)」(99年)で、優れた映画製作者を顕彰する「藤本賞」受賞。

 他に「ホタル」「半落ち」「明日の記憶」など。