国境の壁建設認めず、米連邦地裁 トランプ政権に打撃

  • LINEで送る

 【ロサンゼルス共同】米西部サンフランシスコの連邦地裁は24日、トランプ政権が国家非常事態宣言に基づき連邦政府の予算で予定していたメキシコ国境の壁建設について、一時差し止めを命じる仮処分を出した。米人権団体の全米市民自由連合(ACLU)などが訴えていた。

 トランプ大統領が2月に国境の壁建設費確保を狙って署名した非常事態宣言を巡っては、西部カリフォルニア州なども無効を求めて提訴。今回の命令が今後の審理に影響を与える可能性もあり、政権に打撃となりそうだ。