五輪公式商品に西陣織の風呂敷 21商品とコラボ、順次販売

  • LINEで送る

2020年東京五輪・パラリンピックと各地の伝統工芸品がコラボした商品の第2弾(大会組織委員会提供)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、全国の伝統工芸品と組んだ大会公式商品を制作するプロジェクトの第2弾として、京都府の西陣織の風呂敷など、秋田、福島、神奈川、石川、香川の各県と東京都の計21商品を30日から順次、販売すると発表した。

 秋田県の樺細工のブローチ、福島県の会津木綿のストール、東京都のとう工芸のうちわ、神奈川県は鎌倉彫の丸盆、石川県の飾り太鼓、香川県の庵治石のペーパーウエイトなどが商品化された。いずれも大会エンブレムがあしらわれている。

 公式オンラインショップのURLは、https://tokyo2020shop.jp/。