eスポーツはスポーツ? 鈴木長官「時期尚早」

  • LINEで送る

 スポーツ庁の鈴木大地長官は23日の定例記者会見で、コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」をスポーツとして認めるかどうかについて「私の見解では時期尚早だ」との認識を示した。eスポーツは昨夏のジャカルタ・アジア大会の公開競技となっており、将来、五輪競技として採用されるかどうか注目されている。

 鈴木長官は、体を動かしながら行うゲームはスポーツのきっかけになるほか、障害者にとっては指先を動かすことが運動になるとも指摘。eスポーツが取り巻く状況は幅広いため「事態を見守りながら対処していく」と述べた。