大谷翔平、投手練習に影響なし 20日に投球が右手直撃

  • LINEで送る

試合前、笑顔を見せるエンゼルスのオースマス監督=アナハイム(ゲッティ=共同)

 【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスのオースマス監督は21日、アナハイムでツインズ戦前に取材に応じ、20日の同戦で投球が右手薬指に直撃した大谷翔平の投手としての練習メニューについて「影響はない」と説明した。22日(日本時間23日)は予定通りにキャッチボールを行う見込み。

 昨年10月に右肘手術を受けた大谷は7日に打者でメジャー復帰した。来季の復帰を目指す投手としてはこれまでキャッチボールを週3回行ってきたが、18日から週4回に増やしていく方針を監督が示していた。