東京、50年までにCO2ゼロへ 国際会議で小池知事が目標表明

  • LINEで送る

 東京都の小池百合子知事は21日、都内で開いた国際会議で「2050年までに都内の二酸化炭素(CO2)の排出量を実質ゼロにする」との目標を明らかにした。12月をめどに実現に向けた戦略を策定する。

 ベルリンやパリなど世界の主要26都市で気候変動や社会問題を議論する「Urban 20(U20) メイヤーズ・サミット」での発言。政府は温暖化防止のための枠組み「パリ協定」に基づき、50年までに排出量の80%削減を掲げており、国に先んじた目標を打ち出す。