金正恩氏、非核化原点戻ると警告 米国けん制か、視察はキャンセル

  • LINEで送る

ロ朝首脳会談を終え、会場を後にする北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=25日、ロシア・ウラジオストク(朝鮮中央通信=共同)

 【ウラジオストク共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が25日に行われたロシアのプーチン大統領との首脳会談で、米国によって非核化を巡る「朝鮮半島問題が原点に戻りかねない」と警告したと報じた。金氏は「朝鮮半島の平和と安全は、米国の今後の態度によって左右される」とも言及。米国をけん制し、態度の変化を要求する狙いとみられる。

 一方、金氏は26日、滞在先の極東ウラジオストク市内を視察する予定だったが、地元政府当局者は報道陣に、同日午前に予定されていた行事が北朝鮮側の都合で「キャンセルされた」と述べた。理由は不明という。