白鵬関が反省「勉強不足だった」 三本締めで協会からの処分に

  • LINEで送る

埼玉県日高市の巡業に参加した横綱白鵬関=25日

 大相撲の横綱白鵬関(34)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=は25日、春場所千秋楽(3月24日)の優勝インタビューの最後に観客とともに三本締めを行い、日本相撲協会からけん責処分を受けたことに「勉強不足だった。また一から勉強して生まれ変わった白鵬を見せていきたい」と反省の弁を述べた。巡業先の埼玉県日高市で応じた。

 白鵬関は、本場所終了を意味する神送りの儀式前に手締めをした。問題視した横綱審議委員会と評議員会が白鵬関を注意するよう要請し、協会のコンプライアンス委員会が調査。同委員会から処分意見を受け、協会は臨時理事会で処分を決めた。