習主席、G20で6月訪日を明言 北京で二階氏と会談

  • LINEで送る

会談を前に、中国の習近平国家主席(右)と握手する自民党の二階幹事長=24日、北京の人民大会堂(代表撮影・共同)

 【北京共同】自民党の二階俊博幹事長は24日、安倍晋三首相の特使として中国・北京を訪れ、習近平国家主席と人民大会堂で会談した。首相の親書を手渡した。習氏は、6月に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会合出席のため日本を訪問すると明言。日中関係に関し「正常な軌道に戻った」と述べ、さらなる発展に期待を寄せた。

 二階氏の訪中は、習氏来日の地ならしを図る狙い。習氏は会談で「安倍首相にお会いするのを楽しみにしている。G20の成功を支持する」と言及。両国の関係を「平和友好の方向で発展させたい」と語った。青少年交流を積極的に進める考えで両氏は一致した。