三本締めの白鵬関にけん責処分 相撲協会臨時理事会

  • LINEで送る

横綱白鵬関

 日本相撲協会は24日、東京都内のホテルで臨時理事会を開き、大相撲春場所千秋楽(3月24日)の優勝インタビューの最後に観客とともに三本締めを行ったことが問題視された横綱白鵬関(34)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=をけん責処分とした。懲戒では最も軽い。師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)は報酬減額処分。

 白鵬関は本場所終了を意味する神送りの儀式の前に手締めをした。相撲道の伝統と秩序を損なう恐れがあるなどの観点により、横綱審議委員会と評議員会から白鵬関を注意するよう要請が出ていた。