ワッハ上方がリニューアル 撮影スポットなど新設

  • LINEで送る

大阪府立上方演芸資料館がリニューアルオープンし、イベントに出席した吉村洋文知事(前列左から2人目)や落語家の桂文枝さん(同3人目)ら=24日午前、大阪市中央区

 「ワッハ上方」の愛称で知られる大阪府立上方演芸資料館(大阪市中央区)が24日にリニューアルオープンし、落語家の桂文枝さんや吉村洋文府知事らが出席してイベントが開かれた。

 昨年12月から休館し、約6万9千点の収蔵資料を府咲洲庁舎(同市住之江区)へ移して展示スペースを拡大。高座に上がって記念撮影ができるスポットや映像で遊ぶコーナーを新設し、体験型の展示を増やした。

 企画展示にも力を入れ、2019年度上半期は「上方演芸とファッション」をテーマに、喜劇俳優の故藤山寛美さんらが舞台で身に着けた衣装を紹介する。入館は無料。