エジプト大統領、任期延長へ 改憲成立、強権政治が長期化

  • LINEで送る

エジプトのシシ大統領

 【カイロ共同】エジプトの選挙管理当局は23日、シシ大統領(64)の任期を延長する憲法改正の是非を問う国民投票の結果、88・83%の賛成で改憲が成立したと発表した。シシ氏は2030年まで通算16年の在職が可能になる。

 シシ政権下ではジャーナリストや活動家らが次々と拘束され表現の自由が抑圧されていると指摘される。11年の「アラブの春」で長期独裁のムバラク政権が崩壊したエジプトで、改憲を受け長期の強権政治が再来しそうだ。

 投票率は約44%だった。シシ氏は自身のフェイスブックで改憲成立を「国民がつくったこの名場面はエジプトの歴史に誇らしく刻まれる」と歓迎した。