スリランカ爆破、ISが犯行声明 外国人標的か

  • LINEで送る

 【カイロ共同】過激派組織「イスラム国」(IS)は23日、系列のニュースサイトを通じ「スリランカでの攻撃を実行したのはISの戦闘員だ」とする犯行声明を発表した。「(米主導の)有志連合諸国の市民とキリスト教徒を狙った」と主張。テロで犠牲となった日本人を含む外国人を攻撃対象としたことを意味しているとみられる。

 また、実行犯とする7人の通称と具体的な役割に言及し、「十字軍連合の市民」を標的にしたとする声明も発表した。