囲碁の仲邑初段、黒星スタート 最年少10歳で公式戦

  • LINEで送る

公式戦デビューの第29期竜星戦予選で大森らん初段に敗れ、対局を振り返る仲邑菫初段=22日午後、大阪市の日本棋院関西総本部

 囲碁の最年少プロ、仲邑菫初段(10)は22日、大阪市の日本棋院関西総本部で打たれた第29期竜星戦予選で同じく4月にプロ入りした大森らん初段(16)に敗れ、公式戦デビューを白星で飾れなかった。

 10歳1カ月での公式戦対局は、藤沢里菜女流本因坊(20)の11歳8カ月を更新する最年少記録。仲邑初段は今期の竜星戦での敗退が決まり、次の公式戦は6月以降になる見込み。

 終局後、仲邑初段は少し落ち込んだ様子で「緊張してあまりうまく打てなかった。悔しい」と話した。対局は持ち時間各1時間の早碁で打たれ、白番の大森初段が中央で黒一団を取り、174手で中押し勝ちした。