統一選、市議は自民が前回上回る 後半戦、共産は減

  • LINEで送る

 統一地方選後半戦での41都道府県294市議選は22日午前、無投票を含め6724人の当選が決まった。自民党の当選者は698人で前回2015年(改選定数6865)の634人を上回った。共産党は615人で前回672人から減らした。

 公明党は立候補した901人全員が当選した。無所属は3960人で全体の58・9%を占めた。統一選初挑戦となる立憲民主党は197人、国民民主党は95人だった。日本維新の会(政治団体・大阪維新の会含む)は113人で、維新の党と大阪維新が前回獲得した78人から伸ばした。社民党は53人、諸派92人。自由党、希望の党は議席を得られなかった。