柔道女子、18歳の素根輝がV2 全日本、世界覇者の朝比奈破る

  • LINEで送る

決勝で朝比奈沙羅(右)を破り2連覇の素根輝=横浜文化体育館

 体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権は21日、世界選手権(8月25日〜9月1日・日本武道館)女子78キロ超級代表最終選考会を兼ねて横浜文化体育館で行われ、18歳の素根輝(環太平洋大)が決勝で昨年世界選手権同級覇者の朝比奈沙羅(パーク24)を延長戦の末に下し、史上初の初出場優勝だった昨年に続いて2連覇を達成した。

 大会連覇は2010年に9連覇を果たした塚田真希以来。3位は昨年準優勝の冨田若春(コマツ)と稲森奈見(三井住友海上)。

 五輪52キロ級銅メダル2度で初出場の29歳、中村美里(三井住友海上)は初戦敗退した。