五輪相「傷つけた」と謝罪 桜田氏発言、被災3県で

  • LINEで送る

 桜田義孝前五輪相の辞任で再登板となった鈴木俊一五輪相は19日、岩手、宮城、福島の3県庁を訪れ、桜田氏が東日本大震災からの復興より自民党の同僚議員が大事と発言したことに関し「被災地の皆さんの心を傷つけた」と、それぞれの知事に陳謝した。

 鈴木氏は最初に宮城県の村井嘉浩知事と面会し、「復興五輪」と位置付ける2020年東京五輪・パラリンピックの成功に向け、協力を要請。「復興五輪は被災地の方々の思いを反映させなければ実現できない。連携しながら前に進めていきたい」と強調した。