菅官房長官、消費増税方針は不変 「リーマン級の出来事ない限り」

  • LINEで送る

自民党の萩生田光一幹事長代行

 菅義偉官房長官は18日の記者会見で、消費税増税に関し「リーマン・ショック級の出来事が起こらない限り、10月に10%へ引き上げる予定だ。国会答弁の通り全く変わらない。安倍晋三首相や私が責任を持って答えている」と述べた。自民党の萩生田光一幹事長代行が言及した、日銀の企業短期経済観測調査(短観)次第で増税を延期する可能性を否定した形だ。

 景気の現状にも触れ「緩やかに回復しているとの基調は変わっていない。予定通り引き上げられるよう経済運営に万全を期す」と強調した。

 野党は萩生田氏発言を受け「アベノミクスの破綻」(立憲民主党の福山哲郎幹事長)などと一斉に反発した。