iPS網膜移植の経過良好、理研 5人術後1年、拒絶反応も

  • LINEで送る

「滲出型加齢黄斑変性」の患者に移植された網膜細胞のもとになった他人のiPS細胞(理化学研究所提供)

 理化学研究所と神戸市立医療センター中央市民病院などのチームは18日、他人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った網膜の細胞を、重い目の病気の患者5人に移植した世界初の臨床研究について、網膜細胞が定着するなど術後1年の経過は良好と明らかにした。軽い拒絶反応が1人に起きたが薬剤で抑え込んだという。詳細な術後経過の公表は初めて。

 理研の高橋政代プロジェクトリーダーは「安全性を確認できたと考えている。どのような症例に使用すると効果が高いのかなど、新たな臨床研究に入りたい」とした。