上海モーターショー開幕 巨大市場で最新EV披露

  • LINEで送る

上海国際モーターショーで公開された、トヨタ自動車の「C―HR」と「IZOA」をベースにした新型EV車=16日(共同)

 【上海共同】世界有数の規模を誇る自動車展示会、上海国際モーターショーが16日、中国上海市で開幕した。世界中のメーカーが最新の電気自動車(EV)などを公開。中国は世界最大の新車市場だが、景気減速で足元の需要は低迷しており、各社の競争が激しさを増している。

 世界20カ国・地域から千社を超える自動車関連企業が出展する。展示面積は約36万平方メートル。

 中国の18年の新車販売台数は約2808万台で、米国を大きく上回り世界一だった。ただ前年比では28年ぶりにマイナスとなった。政府はEVなど新エネルギー車の普及を後押ししており、各社が開発を競い合っている。