日中初の証券協力フォーラム 上海で来月、関係改善受け

  • LINEで送る

 【北京共同】日本と中国の金融当局者らが証券分野での協力を話し合うフォーラムの初会合が4月22日に上海で開かれることが23日分かった。日中の外交関係の改善が進む中、両国の証券取引所が上場投資信託(ETF)商品を相互に上場させ、相手国の株式に投資できるようにする制度など金融取引の促進に向けた連携強化策を話し合う。

 米国との貿易摩擦が激化していることもあり、中国は金融市場の対外開放を加速させる方針を示している。日本の金融機関や投資家の機会拡大にもつながりそうだ。

 フォーラムでは、日中の投資家が相互の金融商品を購入しやすくする仕組みなどを協議する。