中部電力がプレーオフ進出 カーリング女子世界選手権

  • LINEで送る

中国戦でショットを放つ中部電力の北沢(中央)=シルケボー(共同)

 【シルケボー(デンマーク)共同】カーリングの女子世界選手権第7日は22日、デンマークのシルケボーで1次リーグが行われ、日本代表の中部電力は中国に6―4で勝ち、通算6勝5敗とした。他試合の結果により、3〜6位に入ることが確定し、準決勝進出を懸けたプレーオフに回ることが決まった。

 中部電力は1―1の第5エンドに2得点。第8エンドは不利な先攻で2点を加え、押し切った。

 プレーオフと準決勝は23日に実施される。