オリ「51」永久欠番検討へ 田口氏ら元同僚が惜しむ声

  • LINEで送る

現役引退を表明したイチロー選手について語るオリックスの田口壮コーチ=22日、京セラドーム

 現役引退を表明した米大リーグ、マリナーズのイチロー選手が1992〜2000年に所属したオリックスの湊通夫球団社長は22日、代名詞の背番号「51」を永久欠番にすることを「考えていきたい」と検討する意向を明らかにした。チームでは同選手の退団後、51番をつけた選手はいない。

 湊社長はまだ同選手の意向を確認していないといい「これから51番をつけるような選手が出てくることを望んでいるかもしれない」とも話した。

 元同僚の多くが引退を惜しみ、オリックスの田口壮コーチは「ベースボールと野球の歴史の中で一番偉大な選手だったことは間違いない」とたたえた。