女子バスケの吉田亜沙美が引退 リオ五輪で代表主将

  • LINEで送る

リオデジャネイロ五輪バスケットボール女子準々決勝の米国戦でゴールを狙う吉田(12)=2016年8月、リオデジャネイロ(共同)

 2016年リオデジャネイロ五輪で20年ぶりに8強入りしたバスケットボール女子の日本代表主将を務めた吉田亜沙美(31)が引退すると、所属するJX―ENEOSが22日、発表した。25日に記者会見を開く。

 吉田は10年の世界選手権でアシスト王に輝いた。リオ五輪ではチームの司令塔として活躍した。JX―ENEOSでは、今季の女子Wリーグで前身の日本リーグ時代と合わせ史上初となる11連覇に貢献。皇后杯全日本選手権との6年連続の2冠も果たした。