セルビア勢力戦犯に終身刑 国際法廷控訴審で

  • LINEで送る

20日、オランダ・ハーグの「国際刑事法廷メカニズム」に出廷したカラジッチ被告(右)(ロイター=共同)

 【ウィーン共同】旧ユーゴスラビアのボスニア・ヘルツェゴビナ内戦時の戦争犯罪を問われた当時のセルビア人勢力の政治指導者ラドバン・カラジッチ被告(73)に対する控訴審判決で、オランダ・ハーグの「国際刑事法廷メカニズム」は20日、禁錮40年とした一審判決より重い終身刑を言い渡した。これで刑が確定することになる。

 法廷は内戦時の犯罪を巡る「被告の極めて重大な責任が十分に考慮されていなかった」と理由を説明、イスラム教徒ら7千人以上が殺害された東部スレブレニツァでの大量虐殺などの責任を問われた同被告を断罪した。