ミスド、中国大陸から撤退 人件費と賃料高騰、競争激化も

  • LINEで送る

中国・上海中心部にあるミスタードーナツの店舗=20日(共同)

 【上海共同】ダスキンは展開するミスタードーナツの中国大陸からの撤退を決めた。「人件費と賃料高騰による収益悪化で事業継続は厳しい」と判断し、24日に上海で運営する全10店舗の営業を終了する。同社が20日までに明らかにした。

 中国の都市部では、経済発展や不動産バブルに伴い人件費と賃料が近年著しく上昇し、飲食店などサービス業の採算悪化の一因になっている。

 一方、中国メディアは中国のミスドは日本に比べてメニュー更新の頻度が少なかったと指摘。コーヒー市場の競争激化も影響し、競合店との違いを打ち出せなかったと分析した。