ゲノム編集食品、夏にも 届け出制の実効性疑問も

  • LINEで送る

血圧を下げる作用がある成分「GABA」をゲノム編集で増やしたトマト(江面浩・筑波大教授提供)

 厚生労働省の専門部会は18日、生物の遺伝子を効率的に改変するゲノム編集技術で品種改良した農水産物の多くに厳格な安全性の審査を求めず、国へ届け出れば販売してよいとする報告書をまとめた。夏にも食品として販売可能になる見通し。食品表示のルールは消費者庁が今後検討する。

 血圧を下げる成分を増やしたトマトや体の大きなマダイなど、現在国内で開発が進む品種が対象になる可能性がある。

 ただ、届け出に法的な義務はなく、制度の実効性には疑問符も付く。部会では義務化を求める意見も出たが、従来の品種改良や自然界で起きる変化と区別がつかず、違反の発見が困難だなどとして見送った。