原発再稼働問う投票条例案を否決 宮城県議会、女川2号機巡り

  • LINEで送る

 宮城県議会は15日の本会議で、東北電力女川原発2号機(同県)の再稼働の是非を問う県民投票条例案を賛成少数で否決した。議会で過半数を占める自民党や公明党会派の県議が「再稼働に賛成か反対かの二者択一の投票方式では、幅広い意思を的確に把握できない」などと反対した。

 討論では「投票結果次第で住民の分断を招く」(自民党)、「県民は再稼働の是非を村井嘉浩知事や議会に全権委任していない」(旧民進党系)などの意見が出た。

 条例制定を直接請求した住民団体の多々良哲代表は「県民の意思表示の機会を奪った以上、再稼働の判断の際、村井知事や県議会には重い説明責任がある」と話した。