琵琶湖突き落とし賠償命令、滋賀 元少年3人に7800万円

  • LINEで送る

金沢泰良さんの遺影を手にする母親=14日午後、大津市

 滋賀県長浜市の漁港で2015年7月、通信制高校生金沢泰良さん=当時(16)=を琵琶湖に突き落として溺死させたとして、遺族が知人だった元少年3人とその保護者に計約9千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大津地裁は14日、3人に計約7830万円の支払いを命じた。

 西岡繁靖裁判長は「無防備な人を水深約3メートルの湖へ突然突き落とす危険な行為」と指摘。「3人は以前も現場で互いに突き落とす遊びをしていた。当日も悪ふざけで1人が提案し、2人も了解した」と認定した。一方、遊びの延長で起き、予見はできなかったとして、保護者の監督責任は認めなかった。