サッカーW杯出場チーム増議論へ 15日のFIFA理事会

  • LINEで送る

 【フランクフルト(ドイツ)共同】国際サッカー連盟(FIFA)は7日、米フロリダ州マイアミで開く15日の理事会で2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会の出場チーム数を32から48に拡大するかどうかを議論すると発表した。

 米国、カナダ、メキシコが共催する26年大会は48チームで行うことが確定している。出場チームの拡大をカタール大会に前倒しする場合、周辺諸国で一部の試合を開催する可能性がある。

 理事会では6月にフランスで開幕する女子W杯でのビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の採用について討議するほか、今年のクラブW杯の開催地も決める。