メールの官邸関係者は内閣参事官 厚労省、勤労統計で

  • LINEで送る

衆院予算委に臨む厚労省の藤沢勝博政策統括官(左)と姉崎猛元統計情報部長=25日午前

 毎月勤労統計の調査方法を巡り、厚生労働省の藤沢勝博政策統括官は25日の衆院予算委員会で、同省担当者が有識者検討会座長に送った2015年9月4日のメールの「官邸関係者」は、当時の内閣参事官と認めた。調査方法変更については、官邸の意向を重ねて否定した。野党は調査方法変更に官邸の圧力があったと主張。「国会答弁は虚偽の可能性が高い」と猛反発している。当時の内閣参事官は、横幕章人・現厚労省会計課長。

 藤沢氏は、横幕氏が厚労省の聴取に「内容がテクニカルと思われたので中江元哉・元首相秘書官には報告していないのではないか」と述べていることを明らかにした。