在位30年、陛下が国民に謝意 象徴の務め「人々が支え」

  • LINEで送る

在位30年記念式典で「お言葉」を述べられる天皇陛下と皇后さま=24日午後、東京都千代田区の国立劇場

 天皇陛下の在位30年を記念する政府主催の式典が24日午後、天皇、皇后両陛下を迎え、安倍晋三首相をはじめ三権の長らが出席し、東京・国立劇場で開かれた。4月30日に退位する陛下は「天皇としてのこれまでの務めを、人々の助けを得て行うことができたことは幸せなことだった」と述べ、国民への謝意を示された。

 平成の30年間の日本を「国民の平和を希求する強い意志に支えられ、近現代において初めて戦争を経験せぬ時代」と振り返る一方、自然災害の多発や高齢化などを挙げ「予想せぬ困難に直面した時代でもあった」と回顧した。