村上春樹さん、パリで若者と対話 戦争の歴史を引き継ぐ

  • LINEで送る

パリで若者と対話するイベントに参加した作家の村上春樹さん(右から3人目)=23日(共同)

 【パリ共同】小説「海辺のカフカ」の舞台作品のパリ公演に合わせ、原作者の村上春樹さんとフランスの若者が対話するイベントが23日、公演会場の劇場で行われた。村上さんは「どうして小説を書いているのか僕にも分からない」と話す一方、日本の戦争の歴史を「若い世代に引き継ぐ」ため、できるだけ作品に盛り込んでいると語った。

 村上さんは通訳を介し、高校生ら若い世代の女性5人と劇場の芸術監督の質問に答える形で話をした。劇場の会員らが観客に招かれ、熱狂的な拍手を送った。

 冒頭から「愛をどう考えるか」と難しい質問が出されたが、村上さんは「元々小説は愛について書くもの」と答えた。