建物火災で2人死亡 大阪・羽曳野、夫婦か

  • LINEで送る

火災があった大阪府羽曳野市の住宅兼工場=23日午前1時24分

 22日午後10時55分ごろ、大阪府羽曳野市駒ケ谷で「事務所が燃えている」と近隣の男性から119番があった。消防や羽曳野署によると、鉄骨2階建て約450平方メートルが全焼し、焼け跡から性別不明の2人の遺体が見つかった。焼けたのは住宅兼工場とみられ、同署は、遺体は連絡が取れていない住人の夫婦とみて身元の確認を急ぐ。

 夫婦は2人暮らし。付近の畑やビニールハウスに延焼した。

 近所の工場に勤める40代男性は「突然ドーンと音がして工場の屋上から見たら、建物から火と煙が高く上がっていた」と驚いた様子で話した。